カードローンんの使い方

複数借り入れは一本化をしてしまうと返済が楽になる事実

借り入れが複数件あると返済が負担になりがちです。毎月の返済日や金額の確認が手間になるのはもちろん、それぞれの返済先への入金で金銭面でも余裕がなくなります。

 

少しでも件数が減らせれば、返済金額が軽くなれば毎月に余裕が持てるのにと考える方は、借り入れを一本化するおまとめローンでの完済を目指した返済を進めてみると良いでしょう。

 

おまとめローンは大きく分けて二つのタイプがあり、基本は同じとなりますが利用の仕方に異なる部分があります。一つは専用のローンを使うおまとめローンで、もう一つはカードローンで借りたお金で一本化をするといった借り方です。どちらも大きな金額を借りて1社に一本化をするという点では同じですが、それぞれに異なる部分があるために覚えておくと良いです。

 

まず、専用のローンを使うおまとめローンは、提供をする金融機関や貸金業者を探す必要があります。基本的にはカードローンタイプではなくフリーローンといった使い方になり、一度に全額を借り入れて後は返済を進めるだけとなります。借り入れ先によってはおまとめ前の利用先は融資金で返済を行ってくれるので、返済漏れはありません。

 

対してカードローンでのおまとめローンは通常のカードローン利用と同様にお金を借り入れ、借りたお金でそれぞれの利用先への返済を行うといった使い方です。おまとめや借り換えとしての利用に対応するカードローンであれば問題なく使え、さらにはカードローンであるために限度額内なら繰り返し借りられる便利さもあります。

 

ただ、カードローンでのおまとめは繰り返し借りることで借金が減らない可能性もあるため、その部分に関しては自身でしっかりと計画を持たなければなりません。

 

どちらにしても最近では来店不要のおまとめローンが基本となっているので、店舗まで行かずに契約が行えて便利で安心ができます。